携帯キャリアをBIC SIMへ切り替えて6週間が経過

携帯キャリアをAUからBIC SIMへ切り替えて6週間が経過しました。

今日は選択したプラン「ミニマムスタートプラン」の使い勝手についてのレポートです。
結論を先に言うとミニマムスタートプランは2GB分のクーポンが付いていますが、通常利用なら2GB分で十分であることが分かりました。

以下、詳細です。

私がBIC SIMを使い始めたのは月の途中の10月3日からだったため、その分クーポンも割り引かれたようで1.8GB程度でした。(ちなみに11月分は2GB分付与されました)

BIC SIMでは、IIJmioの回線を利用しているため、「みおぽん(IIJmioクーポンスイッチ)」と言う専用アプリをインストールして設定を行うことで、自由にクーポン使用(高速回線)とクーポン未使用(低速回線)を切り替えることができます。

余ったクーポンは翌月まで持ち越すことができるので、10月中は基本低速回線で運用し、必要な時のみ高速回線に切り替える運用を行いました。
その結果、1.2GB分のクーポンを持ち越すことができました。
持ち越しは1ヶ月のみなので、節約しすぎてクーポンを失効するのももったいないので、今月は基本的に高速回線のままで過ごしていますが、それでも全く問題なさそうです。

低速回線時は200kbpsに制限されるようですが、メール、Webの閲覧程度であれば特にストレスなく利用することができました。
昔は64kbpsのISDNで「早い!」と言っていた時期もあったので、その3倍相当と考えれば全然苦ではないですね。
動画等の大容量コンテンツの場合はまた別でしょうが、元々外出先ではほとんど閲覧しませんし。
どうしても見たい場合は、BIC SIMのオマケで無料でついてくる公衆無線LANの「Wi2 300」を活用すればきっと大丈夫!
(Wi2 300に登録するのを忘れていたので、これを機に登録しておきました)

いずれSIMカードを増やすことがあればファミリーシェアプランに変えると思いますが、それまではミニマムスタートプランのままで良さそうです。

請求金額がどのように変わったかのレポートは、また後日、情報が集まり次第行いたいと思います。

以上です。

2015/01/10 追記
amazonの商品画像を追加しました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

公開中のAndroidアプリ(全て無料です)

ビジネス

おじさんのメモ帳 おじさんのメモ帳
シンプルなメモ帳
日報 日報
日報作成補助ツール
議事録 議事録
議事録作成補助ツール

学習(国語・算数)

漢字かな 漢字かな
漢字の読みの学習に
ひらがなプラス ひらがなプラス
かな・カナの学習に
暗算百問 暗算百問
毎日暗算で頭の体操
あんざん25 あんざん25
両手で計算してみよう

学習(理科・社会)

記号かな 地図記号
地図記号の学習に
魚かな 魚かな
海の生物の学習に
動物かな 動物かな
陸上の生物の学習に
野菜かな 野菜かな
植物な食物の学習に
元素記号 元素記号
元素記号の学習に

その他

こづかい帳 こづかい帳
計算力と金銭感覚を育もう
お絵かきプラス お絵かきプラス
メモや絵日記等に

このページの先頭へ