関東ITソフトウェア健康保険組合に入りたい

現在、弊社では協会けんぽに加入しています。
私が新卒で入社した会社では、関東ITソフトウェア健康保険組合(通称ITS)に加入していたので、起業時に協会けんぽとの違いを調べたことがありました。

一番の違いはなんといっても、ITSの方が保険料が安いです。
2014年の対比表がITSのホームページ(ココ)にありますが、
仮に月額報酬が30万円で介護保険料も含める場合は、協会けんぽの保険料は34,650円なのに対して、ITSは29,100円と5,550円もの差が出てきます。
(念のため、上記の金額は会社と被保険者で折半する前の金額です)

改めて見てみるとやっぱり大きいですね~
今でも時々ふと「ITSに加入したいなぁ」と思うのですが、弊社の場合、今のところどうしてもクリアできない加入基準が・・・

3. 被保険者数が10名以上であること。但し、東京都内及び政令指定都市〔新潟市、さいたま市、千葉市、川崎市、横浜市、相模原市〕にある事業所は5名以上とする

※加入基準の詳細はこちらを参照ください。

現在、従業員2名の弱小企業なので、5名(川崎市なので)まで増やすのは至難の業です。
ITSに加入することを中期目標として、事業拡大を進めるのもありかな?

もし、協会けんぽに加入していてITS加入基準を満たす事業主様がおられましたら、是非、加入の検討をしてみてください。

以上です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ