「馬車(ばしゃ)」のイラスト

アンドロイドアプリ「ひらがなプラス」のイラスト追加準備中です。
「ばしゃ」を描きました。
イタリアのナポリ近郊の古代都市「ポンペイ遺跡」内に、馬車道と歩道が分かれている石畳の通りがあります。
通りには飛び石状の横断歩道があり、歩行者はその飛び石を渡って馬車道の両側を行き来しました。
この飛び石は馬車のスピードを抑える働きもあったそうです。

古代ローマ時代には、馬車の車輪幅が1435mmと統一されていたそうです。
時代が進み、イギリスで馬が線路の上の車を引く馬車鉄道が登場し、日本でも1882年に「東京馬車鉄道」が開業しました。

そのような経緯で?イギリスでレール幅の国際標準を1435mmと決定されたそうで、日本でも新幹線や私鉄などで採用されています。

馬車について調べてみたら、日本の新幹線にたどり着きました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ