【GREEN FARM】水耕栽培の実験レポート(1)

先日まで、レモングラス1株、レタス9株の栽培を行っていましたが、新しい植物の水耕栽培にチャレンジするためにレタスを根っ子ごと6株ほど収穫しました。
01_レタス6株

レモングラスは今後も成長を見守り、レタスの残りの3株は新しい植物がある程度育ってきたら入れ替えられればと考えています。

さて、新しい植物ですが、冬場でもフレッシュバジルが手に入る生活に憧れがあるので、ハーブ系で攻めてみることにしました。
選んだ種は、
・ミックスバジル(10種類のバジルの種が入っているとか)
・イタリアンパセリ
・レモンバーム
の3種類です。

GREEN FARM専用の種はコストパフォーマンスが悪いので、すべて普通の市販の種で選びました。

同様にスポンジや液体肥料も市販品で揃えました。
スポンジは96ピース×6シート分を送料込みで2,100円、
液体肥料はハイポニカの1L入り×2つを送料込みで3,400円でした。

ウレタンスポンジ

ハイポニカ

利用可能な穴が全部で17個開いていたので、バジルを5個、イタリアンパセリとレモンバームを6個ずつセットしました。
03_ミックスバジル

04_イタリアンパセリ

05_レモンバーム

発芽時は光はあまり当てない方が良いようなので、実験も兼ねて、半分にはキャップをかぶせて光が当たらないようにしてみました。
成長に違いが出るかは後日のお楽しみで。

06_セット完了

最後に、かかったコストですが、種は全部で900円ほどしました。
ただ、使用した量で考えると全体の20分の1以下で、残りは暖かくなったら畑に蒔くつもりです。
そう考えると、種代はまぁ 50円ぐらいかと。
あと、スポンジが17個で62円ほど。
ハイポニカは8mlで14円ぐらい。
全部合わせて、120~130円程度と言ったところです。
これに電気代を加えた分がコストとなりますねが、ちゃんと育ってくれれば十分に元は獲れそうですね。(ただし、本体代は考慮せず。。。)

まずはちゃんと芽が出てくれることを祈って・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ