Android Studioの導入~Windows7端末へのインストール、日本語化~

昨年末から続いていた案件掛け持ち状態が一段落して、7月から少しまとまった時間を取れそうなので、しばらく遠ざかっていた(放置していた?)Androidの開発を再開するつもりです。

そのためにもまずは開発環境を整備しなくてはなりません。

今までどおりEclipseベースであれば難しくないのですが、折角なので前々から気になっていたAndroid Studioへの移行を進めることにしました。

今回はその第一弾、Android Studioのインストールおよび日本語化です。

事前に用意したもの

  1. Windows7端末(Dell製の「Inspiron 3647」)
  2. JDKのインストーラ(64bit版Windows用を下記よりダウンロード)
      http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
  3. Android Studioのインストーラ(Windows用を下記よりダウンロード)
      https://developer.android.com/sdk/index.html
  4. 日本語化ファイル(右下の「Download ZIP」よりダウンロード)
      https://github.com/yuuna/IDEA_resources_jp

JDKのインストール

  1. 事前に用意したインストーラ(jdk-8u45-windows-x64.exe)を実行し、JDKをインストール。
  2. システム環境変数に「JAVA_HOME」を追加して「C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_45」を設定。
  3. システム環境変数の「Path」に「C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_45\bin」を追加で設定。

Android Studioのインストール

  1. 事前に用意したインストーラ(android-studio-bundle-141.1980579-windows.exe)を実行し、Android Studioをインストール。
  2. 途中で「Intel HAXM」関連でエラーが出るも気にせず続行。
  3. 結構時間がかかる(30分ぐらい?)ものの半放置で、特に問題なくインストール完了。

Android Studio

Android Studioの日本語化

  1. 事前に用意した日本語化ファイル(IDEA_resources_jp-master.zip)を解凍し、「resources_jp.jar」を入手。
  2. Android Studioのlib配下(C:\Program Files\Android\Android Studio\lib)にresources_jp.jarを配置。
  3. Android Studioを再起動で日本語化完了。

Android Studio_日本語化後

まとめ

とりあえず日本語化されたAndroid Studioが準備できました。
途中で「Intel HAXM」関連でエラーが出ていたので、エミュレータ周りで問題が起きるかもしれませんが。。。
他にも躓くポイントは色々ありそうですが、対策前進で進めて行くつもりです。
まずは公開中のアプリをAndroid Studioで修正してリリースすることを目標に頑張ります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ