アンドロイドアプリ「魚かな」の紹介

カサゴ・トラフグと、絵の説明が先でしたが、ようやくアプリのお話です。

魚かな
Google Playより「魚かな」をダウンロード

ひらがな+のような絵合わせゲームで、大人が楽しめるゲームを考えました。
お寿司屋さんの湯呑みの漢字をゲームをしながら覚えられたらと、魚へんの漢字に注目してみました。
魚へんの漢字ゲームは、漢字の読みを四択の中から選択して答えるタイプが一般的で、探してみると多数ありました。
そこで少し趣向を変えて、漢字ではなく魚の絵を選ぶゲームにしました。

3タイプ(ひらがな、漢字、英語)×3レベルの合計9つのモードで遊ぶことができます。
レベル設定は下記の通りです。
レベル1:4枚の画像の中から正解を選択
レベル2:9枚の画像の中から正解を選択
レベル3:9枚の影のみの画像の中から正解を選択

漢字にはできるだけ魚へんを含めたかったのですが、一部の漢字が不具合の原因となったため、別の漢字にしました。
とびうお(魚へんに飛)→飛魚
ほっけ (魚へんに花)→北方

英語は同じ魚でも言い方が何通りかある場合は、文字数の関係で短めの物を優先して選びました。

システム的には他の言語も追加可能です。
我こそはと言う方がいらっしゃいましたら、魚の名前の翻訳データをお送りください。

最後になりますが、本日のリリースで、ホッケ・カサゴ・トラフグを追加しました。
今後も随時、追加していく予定です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ