所得税の納付書の書き方(後日談)

1月6日に「所得税の納付書の書き方」という記事を書き、その翌日に銀行で所得税を納税しました。

後日、法定調書作成の際に、納付書の記入ミスを見付けてしまいました。
前年度の納付書を参考にしながら作成したのですが、給与の支給額を前年度のまま転記してしまったのです。

税理士さんに相談したところ、納付する税額が正しければ良いという事でした。
税務署には、法定調書合計表の給与の総額・源泉徴収票の給与の支払金額は一致させて、平成25年分の正しい支給額の届出を行いました。

今後は、同じような間違いを起こさないよう気を付けます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ