「はまぐり」のイラスト

アンドロイドアプリ「魚かな」に次回追加予定のイラストを準備中です。
本日は「はまぐり」です。
貝の輪郭は円を変形させて描き、円のグラデーションで模様をあらわし、線を描いて仕上げました。

はまぐりは「貝合わせ」の遊び道具に使われてきました。
貝合わせとは、本来は平安時代の「物合わせ」という左右に分かれて優劣を競う遊びのひとつで、同じ種類の貝を比べ、優劣を競う遊びだったそうです。
その後、はまぐりを地貝(じがい)と出貝(だしがい)に分けて地貝を伏せて並べ、貝桶から出貝をひとつずつ出して伏せて中央に置き、同じ柄を取った数を競う「貝覆い」という遊びが「貝合わせ」と混同されたのだそうです。
はまぐりが好まれたのは、2枚の柄がぴったり合い、片方の手の平にちょうど収まる大きさだったからだそうです。
江戸時代には装飾を施された地貝と出貝それぞれが収められた貝桶が武家の嫁入り道具のひとつになり、現在は貝桶がひな人形の飾り道具や、着物の柄として残っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ