中小企業退職金制度

小さな会社で退職金制度を導入するのは困難なので、中退共に加入して社外で積み立てています。
月々の給与を退職金に移行することで税金や社会保険料の削減にもなります。

納付が1年未満の場合は、退職金は支給されず支払損になりますが、3年7か月目以降は掛金相当額を上回る額となるようです。
また、転職しても積み立てられていた退職金を引き継ぐことが可能な通算制度があるそうです。

ただ、受給資格があっても退職者が請求を行わないと退職金が支払われないので、退職時には要注意!

サブコンテンツ

このページの先頭へ