WordPressのテーマを「賢威6.2 コーポレート版」に変更

最近ブログのアクセス数がアップしてきているので、Google Analyticsを見るのが楽しみです。
特にGoogleからの検索による流入が増えてきているので、SEO対策が効いてきているようです。

この流れを更に加速させるために、SEOテンプレートの「賢威」を導入することにしました。
単品で購入すると24,800円(税込)ほどしますが弊社のブログでも利用してるお名前.comで、レンタルサーバとのパッケージプランがお得だったのでこちらを申し込みました。

レンタルサーバを6ヵ月分新たに借りることとなりましたが、ちょうど本ブログ以外で色々と実験するための環境が欲しかったのでそちらに利用する予定です。
6ヶ月経過して不要であれば現在使用中のレンタルサーバ側にドメインごと引越ししてしまえば、余計な経費もかからずにすみますし。

本題へ移りますが、テーマの変更自体は賢威のサイト上から入手できるマニュアルに記載されているので割愛します。ここではマニュアルに記載されていない事項で対応したことが3点ほどありましたので、そちらを共有したいと思います。

1. footer.phpの修正

デフォルトのテーマのままだと右上に「サイトマップ」とリンクが表示されたり、画面下部のフッターエリアに住所やメニューの情報が表示されてしまいます。

こちらを非表示にするために「footer.php」を修正しました。

「外観 > テーマの編集 > フッター(footer.php)」を選択して、下記のように「▼フッター」から「▲トップメニュー」までをコメントアウトしました。 

<?php
/*
<!--▼フッター-->
※※※省略※※※
<!--▲トップメニュー-->
*/
?>

「フッター」部分をコメントアウトすることで画面下部のフッターエリアが、「トップメニュー」部分をコメントアウトすることで右上の「サイトマップ」のリンクを非表示とすることができます。 

2. ファビコン(favicon)の差し替え

ファビコン用の画像をUploadしてphpファイルを修正する方法もあるようですが、面倒だったので直接「favicon.ico」ファイルを差し替えることで対応しました。

手順は単純でftpツールでサーバへ直接アクセスして、
[wordpress path]/wp-content/themes/keni62_wp_corp_150721
配下の「favicon.ico」ファイルを変更しただけです。

ftp等で接続する環境が整っていない場合は、賢威のサイトからダウンロードしたテーマを解凍して「favicon.ico」のみを差し替えて再度圧縮したものをWordPressの管理画面にて「テーマのアップロード」で指定すれば、最初から差し替えられた状態になると思います。(試してはいませんが・・・)

3. 不要なプラグインの停止

下記2点のプラグインを停止しました。

  • All In One SEO Pack
    「賢威」導入前は非常にお世話になったプラグインですが、両方有効にするとdescription設定が重複してしまう等の不都合があるようなので。
  • WP Social Bookmarking Light
    TwitterのツイートやFacebookのいいね!ボタンを表示させるためのプラグインですが、「賢威」のテンプレートにも含まれており、ボタンが二重で表示されていたため。

まとめ

「賢威」のテンプレートの導入により、サイトのデザインが一新されて白黒ベースのかなりシンプルな作りとなりました。
見た目部分はテンプレートのままほとんど手を入れていないので、似たようなサイトがきっと大量にあるんでしょうね。。。少しずつ時間をかけて差別化をはかっていくつもりです。

あと、「賢威」のサポートサイト上からダウンロードした全281ページにも及ぶSEOマニュアルについても、しっかりと目を通して勉強したいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ