菜園の「ささげ」で「お赤飯」が炊けました

弊社の菜園では、去年と今年の夏に「ささげ」を栽培しました。

50cmほどに成長したサヤを青い未熟なうちに収穫すると、サヤインゲンと同じように食べられます。
調理もしやすく、大きく実り、さらにサヤが2対になって生えるので、何倍もお得感があります。
去年はサヤインゲンの代用品として大活躍でした。

今年の夏は、気候の影響なのか一斉にサヤが実り、収穫が追い付かないサヤは、熟して白く固くなってしまいました。
「もったい無い」から思い付いたのは、「ささげだから、あずきのような豆が採れるはず」でした。
白から茶色に乾燥したサヤをむくと、あずきよりもさらに小さい豆が、サヤに等間隔に入っていました。

ささげの料理=お赤飯
という事で、ささげの豆をもち米と一緒に炊いてみたら・・・
ささげの赤飯 豆は小さいですが、見た目も味もちゃんとした美味しいお赤飯になりました!
今年の夏の楽しい発見になりました。

今夏のささげの反省点は、育ち過ぎたささげの重さで、支柱が折れて倒れてしまいました。
来年は倒れない工夫をしようと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ