「リーフパイとぺんぎん」のイラスト

スイーツのイラストシリーズで、今回は「リーフパイとぺんぎん」を描きました。
リーフパイは、形を楕円ツールで、生地の表面の濃淡を鉛筆ツールで描いてグラデーションで塗りました。
葉っぱの切れ込みは円弧ツールで描きました。
ぺんぎんは、楕円を変形して形を描きました。

今回のイラストは、ぺんぎんがリーフパイの間で寝転んで、並んでいる様子です。
リーフパイは、折り重なったパイ生地を葉の形に型抜きし、砂糖をまぶして焼くのが一般的だそうです。
ミルフィーユを和訳すると「mille-feuilles(千枚の葉)」で、千枚の葉が重なったようなパイ生地を表現するそうです。
リーフパイは、それがいつしか本当の葉の形になっていったのでは・・・と想像しました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ