「クレープとぺんぎん」のイラスト

スイーツのイラストシリーズで、今回は「クレープとぺんぎん」を描きました。
クレープの生地は、長方形ツールで、具は鉛筆ツールと楕円ツールで描いてグラデーションと単色で塗りました。
ぺんぎんは、楕円を変形して形を描きました。

今回のイラストは、ぺんぎんがクレープに上ってみようとしている様子です。
イチゴ・バナナ・生クリームのクレープにしました。
フランスのそば粉のクレープ「ガレット」は、小麦粉が育たない土地で、そば粉が作られていた事から誕生した、食事用のクレープだそうです。
日本でも手打ち蕎麦は食事で、スイーツにはならないのと同じような感覚でしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ