「シーラカンス」のイラスト

アンドロイドアプリ「魚かな」に次回追加予定のイラストを準備中です。
本日は生きている化石の「シーラカンス」です。
南アフリカ沿岸とインドネシア近海に生息していて、水中撮影されたシーラカンスと図鑑を参考にして描きました。

胸びれと腹びれに大きい骨と関節があるのが他の魚との大きな違いだそうです。脊椎骨がないのも特徴で、頭から尾まで一本の管のような脊柱があるそうです。
大きな尾びれかと思いきや、上が第3背びれ、中の小さいのが尾びれ、下が第2しりびれでした。

シーラカンスは中国語で「空棘魚」だそうで、アプリの漢字モードで使います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ